PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リラックマ占い
性別
リラックマ占いユーモア占い
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
コーヒー危機―作られる貧困
コーヒー危機―作られる貧困 (JUGEMレビュー »)
オックスファムインターナショナル
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ガリレオ
    0
      再び出張生活に入ってしまったのでドラマは控えめにと思っていたのですが、ちょっとだけ・・・と現在月9枠で放送している「ガリレオ」を観てみたら結構おもしろかったので、しっかり毎週録画予約して休日に観るようになりました。

      面白い。実に面白い。

      そんなわけで原作も買って読み始めました。
      もうちょっとで1冊目が読み終わるところです。

      探偵ガリレオ (文春文庫)
      続きを読む >>
      posted by: sawarabi | 読書 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |
      暇・・・?!
      0
        陰摩羅鬼の暇?

        先日発売された文庫版 陰摩羅鬼の瑕についている栞に誤植があるのですが・・・思わず笑ってしまいます。「暇」では格好が付きませんね。

        文庫版 陰摩羅鬼の瑕

        確かに難しい漢字ですけれどね。
        「瑕疵期間」とかいう言葉でよく使いますが、あまり意識することもないか・・・。
        posted by: sawarabi | 読書 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        合田雄一郎は音一つなく立ち上がった。
        0
          合田雄一郎は音一つなく立ち上がった。
          三十三歳六ヵ月。
          いったん仕事に入ると、警察官職務執行法が服を着て歩いているような規律と忍耐の塊になる。
          長期研修で所轄署と本庁を行ったり来たりしながら捜査畑十年。
          捜査一課二百三十名の中でもっとも口数と雑音が少なく、もっとも硬い目線を持った日陰の石の一つだった。

          高村薫の直木賞受賞作「マークスの山」で合田雄一郎が始動する有名なシーンです。
          格好いい。いつ読んでも痺れます。

          そして私もとうとう主人公と同じ歳を迎えてしまいました。

          一応、職場での肩書きこそ同じ主任になりましたが、名実共に主人公のような活躍ができるよう努力していきたいものです。

          さて、高村薫といえば改版の度に自分の作品に次々と手を加えてしまう作家です。単行本の初版と最新版、文庫版で全く違う作品になってしまっているものさえあります。

          「マークスの山」もその一つで、単行本の最新版が77版くらいだったと思いますが、初版と最新版でかなり変わっています。文庫版に至っては全面改稿。
          そんなわけで直木賞受賞作そのものを読むためには初版を手に入れるしかありません。
          続きを読む >>
          posted by: sawarabi | 読書 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2006年本屋大賞決定!
          0
            『博士の愛した数式』、『夜のピクニック』とハズレのない本を選出してきた「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 本屋大賞」。
            今年はリリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が選ばれました。

            本屋大賞
            http://www.hontai.jp/


            2位以下に大差をつけての受賞。う〜ん、読みたい!

            でも、図書館に行っても去年の秋頃から大量の予約が付いていて借りられない状態なので保留中。
            情報処理技術者試験が終わったら、思い切って買っちゃおうかな・・・。
            posted by: sawarabi | 読書 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
            2つの「白夜行」
            0
              東野圭吾原作のドラマ「白夜行」が今日最終回を迎えました。

              ドラマと小説を同時に楽しんでみようか…と、ドラマが始まった頃に原作を読み始め、付かず離れず同時進行させ、昨日の夜に読み終えて今日の最終回を見ました。
              ドラマは原作を所々とばしながら進むので、調整が難しかったですが・・・

              白夜行
              続きを読む >>
              posted by: sawarabi | 読書 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              憲法なんて知らないよ
              0
                <憲法改正>「賛成」65%、「反対」は27% 毎日調査

                 毎日新聞が実施した全国世論調査によると、憲法改正について「賛成」と答えた人は65%で「反対」は27%だった。一方、戦後日本の平和維持や国民生活の向上に現憲法が果たした役割の評価については、「役立った」とする評価派が8割に達した。

                 調査は2月10、11の両日、電話で実施した。毎日新聞の世論調査では「分からない」との選択肢も加え同趣旨の質問を過去に面接方式などで実施しており、82年から04年まで改憲賛成派は2〜4割台で推移した。

                 04年4月から過去3回行った改憲の賛否を二者択一で聞く調査では、賛成派はいずれも60%前後。単純比較はできないが今回、賛成派は最高を記録した。

                 (中略)

                 賛成派に理由を聞いたところ「今の憲法が時代に合っていない」が53%と最多で、「一度も改正されていない」(18%)、「自衛隊の活動と憲法9条にかい離がある」(13%)が続いた。「米国に押しつけられたものだから」は10%にとどまり、憲法の制定過程を問題視する自主憲法論は改憲派の主要な動機とはなっていない。

                 反対派の理由は「9条改正につながる恐れがある」が54%と圧倒的に多く、9条改正反対が大きな論拠となっている。「国民や政党の議論がまだ尽くされていない」が26%、「改正するほどの積極的理由がない」が11%などだった。

                 戦後日本の平和維持や国民生活の向上に現憲法が果たした役割については「かなり役立った」が26%、「ある程度役立った」が54%で評価派の合計は80%。「あまり役立っていない」は14%、「まったく役立っていない」は2%にとどまった。政党支持別では自民支持層の83%、民主支持層の75%が評価派だった。


                現在の憲法について8割の人が評価している一方で、憲法改正に賛成という人が65%に上ったという結果です。

                しかし、調査に回答した人たちのうち、憲法改正を議論する以前にどれだけの人が日本国憲法に目を通しているのでしょう?
                そもそも、憲法と法律の違いさえ説明できない人も多いんじゃないかという気がします。

                とはいっても、日本国憲法は現代人にはとても読み難いものです。
                そんなにボリュームがあるわけでもないのですが、文体や単語が古くて格式ばっているので専門家でもなければ読み通す気になれないというのが実状です。

                そんな方には池澤夏樹の「憲法なんて知らないよ」がお薦めです。

                憲法なんて知らないよ
                続きを読む >>
                posted by: sawarabi | 読書 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                リコール後のあらしのよるに
                0
                  愛車がどうやらリコール対象になったらしく、無償修理キャンペーンのハガキがきていた。
                  しかし、行ってみたら「どこも休みで部品がない」と言われ、結局来週また行くことになってしまった。うーむ・・・
                  まぁ、新春キャンペーンでオイル交換が998円と格安だったので
                  行ったついでに交換してもらった。それだけでもよしとするか。

                  「あらしのよるに」が文庫化されているのを見つけた。早速購入。
                  絵本版の1〜3巻をまとめたもので、挿絵は書き下ろし。

                  あらしのよるに〈1〉
                  続きを読む >>
                  posted by: sawarabi | 読書 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |